実務者研修とは

実務者研修の資格取得が必要となります。

実務者研修とは

実務者研修は、介護福祉士になるための、より質の高い知識や、サービスを提供するための実践的な知識や技術を学ぶ研修です。介護実務の経験や介護資格の有無に関わらず誰でも受講でき、生涯介護の専門家として働き続けるためのスキルを身につけます。また、平成29年1月からの介護福祉士国家試験の受験には、実務経験3年に加え、実務者研修受講修了が必須条件となりました。

介護福祉士になるための流れ

サービス提供責任者への入り口

サービス提供責任者とは、訪問介護の相談役とも言われており、訪問介護事業所で必ず必要な人材となります。サービス提供責任者になるためには、実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。平成25年4月より「ホームヘルパー2級を修了し3年以上の実務経験を得ることでサービス提供責任者と認められた方」は、訪問介護事業所に配置しても介護報酬(介護事務所の売上)から10%減額されてしまうため、実務者研修を修了した人材が現場からも求められています。

たん吸引・経管栄養が学べる

原則、医師や看護師にしか認められていなかった、たん吸引や経管栄養の基本的な知識、実技も学べます。講師は、看護経験豊富なベテラン講師が直接指導します。

研修内容

施設名称 エディスパソコン学院 大分校
所在地 大分校:大分市末広町二丁目10番24号 ディック学園ビル6F
講座名称 介護職員実務者研修講座
課程 介護職員実務者研修
講義方法 通信・演習
実施期間 大分校:平成29年12月1日~平成30年6月30日
講座時間 10:00~17:00
※医療的ケアの演習日は9:00~17:00となります。
講座日程 大分校 ※詳しくはこちらから
使用テキスト 「介護職員実務者研修テキスト(日本医療企画)」

大分市末広町2丁目10番24号ディック学園ビル6F

事前説明会を毎週水曜日の13時から14時に開催しております。参加をご希望の方は、
お電話かフォームから申し込みお願い致します。