ゲームを作りながらプログラミングが学べるジュニアプログラミング講座
ジュニアプログラミング体験会
スクラッチって何?

スクラッチとは小学生でも扱える
教育用のプログラミングソフトです

パソコンのマウス操作が中心となり、命令ブロックを繋げるだけで簡単に開発ができるため、小学生でも楽しくプログラミングの基礎を学ぶことができます。視覚的に操作ができて、創造次第で様々なものが作れると今、大人気の講座です。
*マウス操作に慣れていない方でも安心して受講できます。

なぜ小学生からプログラミングを学ぶの?プログラミングで身につく3つの能力!
一貫している、筋が通っている考え方ができる能力。先を考えて行動する能力。
トラブルが発生した際に、どうすれば解決できるかを考える能力。
あらかじめ、どのような危険(リスク)が発生するかを予測する能力。
子どもがプログラミングを覚える=将来プログラマーになるための教育ではありません。 この「論理的思考」「問題解決能力」「リスク管理能力」の育成が、文章の読み書きや計算といった、 子どものうちから身につけるべき基礎的な能力として今世界中で注目されています。 この講座で使用する「スクラッチ」もマサチューセッツ工科大学で開発された教育用プログラミングソフトです。 すでに世界中で630 万人以上の利用者が900 万個以上の作品を作っています。
コース案内
授業案内
基本操作編
(全4回)
スクラッチとは何か、プログラミングとは何かを学習し、簡単な操作を学習します。
プログラムを組み立て、イラストを動かしたりする練習からなので、初めてでも安心です。
応用操作編
(全11回)
テキストに沿って、プログラミングの応用操作を学習します。 学習を行いながら、最終的にシューティングゲームの作成を行います。 使用テキストも、スクラッチを始めるにあたり、大変好評のテキストを使用しております。
プログラミングの腕試しができます

スクラッチサンプル画面

操作方法
キーボードの「←」と「→」キーでカニを動かして
上から降ってくるボールを上手に避けよう!
途中からランダムに動くボールも出てくるよ!
ボールに触れてしまうとゲームオーバー!
緑色の旗のマークをクリックしてゲームを

スタートして下さい。

※ご利用のブラウザによっては正常に動作しない場合があります。インターネットエクスプローラー、グーグルクロームをご利用下さい。

3つのポイント
授業は自由予約
授業は毎週水曜・金曜・土曜に行われます。 水曜・金曜は17:50~18:40、土曜は 10:40~11:30、13:00~13:50、14:40~15:30に授業を行いますので お好きな時間帯を自由に予約することができます。
基礎力養成
初めての子でも安心!スクラッチとは何か、
プログラミングとは何か1からお勉強を
しますので、 初めてプログラミングを
お勉強する子でも安心です。
応用能力も身につく
学習内容は、基礎講座4回、応用講座11回
となっております。応用講座では、最終的にシューティングゲームの作成ができますので、自分で考える力、最後まで諦めずやり遂げる力が身につきます。
受講料
ジュニア・プログラミング検定対策講座とは?

小学生が対象の「Scratch」を活用したプログラミングスキルを測定する検定試験です。子どもたちのプログラミング教育の指標となる到達目標を定め、段階的なプログラミングスキルの習得を支援するために行われております。

また、2017年子どもに通わせたい習い事ランキング第1位に「プログラミング教室」※1が選ばれております。

今、小学生からプログラミングを勉強する時代なのです!

※受験のためには「ジュニアプログラミング講座」にお申し込みをしていただく必要があります。

※1イー・ラーニング研究所調べ

検定活用3つのメリット

  • 写真

    子どもたちに
    「喜びと達成感」を!

    検定を活用することで、段階ごとに子どもの頑張りを褒め、達成感を感じる機会を提供することができます。また、達成感を感じることで、さらなる高みに挑戦する意欲が育ちます。

  • 写真

    適切なフィードバックで
    「考える力」を!

    検定試験の学習を時通じて、子どもが理解に苦労している点や自分なりに工夫した点が浮き出てきます。そのため、より適切なフィードバックを子どもに行うことで、考える力を育てます。

  • 写真

    学習成果として
    大いにアピールできる!

    検定合格は「資格」として認定されますので、夏休み後の学習発表や、中学受験などの際、課外活動のアピールとして活用できます。

試験内容

主催・認定 サーティファイ 情報処理能力認定委員会
試験名 ジュニア・プログラミング検定 Scratch部門
試験目的 日本のIT人材輩出のため、子どもたちにプログラミングの基礎力を定着させる。子どもたちのプログラミング教育の指標となる到達地点を定め、段階的なプログラミングスキルの習得をはかる。
認定基準 各級(全4級種)それぞれに定められたスクリプトの名称、動き、特徴を把握しており、自分の表現したい内容をプログラミングを通して表現することができる。
受験資格 なし
試験時間
  • Entry(4級):30分
  • Bronze(3級):40分
  • Silver(2級):40分
  • Gold(1級):50分
合格基準

得点率が60%以上

1.問題文で与えられた条件を満たしたプログラムが組まれていること。

→条件を満たしていない場合には減点。

2.自由なアイデアが盛り込まれていること。

→加点対象

※Entryは合否判定がありません。

受験会場

受験会場 エディスパソコン学院 パークプレイス校
住所

大分市公園通西2 丁目1 イオンパークプレイス大分店2F

電話番号

詳しくは下記の電話番号にご相談下さい

0120-788-933

このページの先頭へ
えんぴつの詩
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
Copyright (C) ジュニアプログラミング講座. All Rights Reserved.
ディック学園グループサイト