インストラクターブログ

Web

20代、30代の女性にオススメ!「手に職」系Webデザインコースの魅力!

1
 
一般職についている女性の方で、将来に不安を感じている方は多いですよね。
「結婚や出産をしても今の会社で働けるか不安」
「自分にしかできない仕事ってないかな」
「今の仕事をしてもキャリアアップできない」
など、悩みは尽きません。
そんな悩める20代、30代の女性にオススメしたいのが、「Webデザインコース」です!
「手に職」系の仕事の中でもWebデザインの仕事は、ネット社会が廃れることがなければ今後も発展し続ける仕事です。パソコン1台あればOKなWebデザインの仕事は、会社によっては出社せずに仕事ができたり、フリーランスで働くことも可能です。Webデザイナーからディレクター、プロデューサー、独立とキャリアアップすれば年収アップも夢ではありません。

1.今、Webデザイン系の仕事につくチャンスです!

2.デザイン系の就職に役立つポイント

3.事務系の仕事でもつかえる点

4.まとめ

 
2
 

1.今、Webデザイン系の仕事につくチャンスです!

Web系の求人募集には「経験者」とかかれた募集が多いですが、今就職状況は売り手市場となっていますので、経験がない職種でも転職できる可能性が高いです。オリンピックに向けて景気が良くなるというのは世界共通です。しかしオリンピック以降は景気が下降する可能性があるので、多くの企業は採用を縮小します。未経験の職種に転職するならオリンピック前までと言えるでしょう。Webデザインの経験が全くないが転職したいと考えるなら、今のうちに資格の勉強をしたり、学校に行ったりするのが良いでしょう。
 

2.デザイン系の就職に役立つポイント

Webデザイナーはパソコンを使ってデザインを作成します。ですから、まずはWebデザインに使うソフトを使いこなせることが重要になります。Webデザインコースでは、Webデザインに必要なIllustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)、Dreamweaver(ドリームウィーバー)のソフトを勉強していきます。全くの初心者の方でも、基本から勉強していきますのでしっかりスキルを磨くことができます。独学で勉強される方もいらっしゃるかと思いますが、エディスで学べば分からないところはすぐに聞けるので、結局は時間短縮になり効率が良いと言えるでしょう。また、資格試験に挑戦すれば目に見える形でスキルをアピールできますので、就職に役立ちます。
 
4
 

3.事務系の仕事でもつかえる点

最近では、デザイン系の職場だけでなく一般の企業でもWebデザインのスキルが役に立ちます。イラストレーターやフォトショップが扱えれば、職場のちょっとしたチラシや看板などのデザインを業者に頼むことなく自分たちで作成することができます。また、自社のHPのデザインを少し修正したいなんて場合にも、Webデザインの知識があれば社内でできます。Webデザインを勉強しておけば、社内でも重宝されること間違いなしです!

 

4.まとめ

人生100年時代です。何が起きるかわからないので、手に職をつけておくと安心ですよね。自分で「やるぞ!」と決めて新しいことに挑戦し習得すれば自信になります。これからの自分へ投資する気持ちで、「Webデザインコース」を勉強してみませんか?

2019年5月29日

このページの先頭へ戻る