インストラクターブログ

Smartphone

キャッシュレスとは?どんな得があるの?

1
 
昨年10月に消費税率が10%に上がるのにともない、キャッシュレス決済するとポイントがもどってくる「ポイント還元」制度が導入され、この機会にキャッシュレス決済を使い出したという方も多いと思います。導入から数か月たち、まだキャッシュレスを使ったことがない、または、使ってはいるけど実際どう得しているのかな?と疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回はキャッシュレスについてお話ししたいと思います。

 

1.キャッシュレスとは?

2.ポイント還元とは?

3.キャッシュレスしてみた

 
2

 

1.キャッシュレスとは?

キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、現金を使わずに支払いを行う決済方法のことです。

 

まず、キャッシュレスのしくみについてご説明します。

キャッシュレスは「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に分けられます。

 

「前払い」とは、Suicaやnanacoのようにお金を予めチャージしておく電子マネーで支払う方法です。

「即時払い」は、デビッドカードのように支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされるものです。

「後払い」は、クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。

 

次に、レジでどのように支払いをするかご説明します。

 

支払いは、カードやスマートフォンに記録された情報を端末で読み取ることで決済できます。カードをカードリーダーで直接読み込む方法と、直接触れなくてもカードやスマートフォンを近づけるだけで近距離無線によって読み取る方法があります。

 

また最近は、より便利なスマートフォンのアプリLINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイなどの「コード読み取り型」という決済方法も出てきました。いわゆる「スマホ決済」です。コード読み取り型は、店頭のQRコードをスマートフォン専用のアプリで読み取ったり、また逆に、スマートフォン専用のアプリでQRコードを表示させ店舗の端末で読み取ったりする方法です。こちらもサービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。
 
3

 

スマホ決済のアプリはたくさんあって、どれが一番いいのか迷ってしまいます。そんな時は

①還元率の高さ

②利用可能な店舗

③普段使っているサービス

の3点に絞って考えるとよいでしょう。

例えば一番還元率が高いのはPayPayですが、楽天ユーザーなら楽天IDでログインするだけで始められる楽天ペイがオススメです。支払いを楽天カードに設定すれば楽天スーパーポイントを2重取りすることができます。

 

2.ポイント還元とは?

2019年10月にスタートしたキャッスレス・ポイント還元事業は、対象店舗でキャッスレス決裁を利用すると5%か2%のポイント還元を受けられるというものです。中小・小規模事業者の店舗では5%還元、フランチャイズやチェーン店では2%還元となっています。対象外の店舗もあるので、「この店舗は対象かな?」とチェックしておく必要があります。また、店舗によって使える決済方法が異なるので、何が使えるかもチェックしておく必要があります。

 

チェック方法としては、店舗ドアのポスターや、レジ回りにステッカーがないか確認します。次に、決済方法の表示を確認し、クレジットカードの種類や、アプリの種類を確認します。また、キャッシュレス・消費者還元事業のアプリを利用すれば地図上に対象店舗が表示されるので確認できます。
 
5

 

3.キャッシュレスしてみた

私がいつも利用している近所のスーパーは5%還元対象店舗だったので、去年の10月から、支払いはなるべくキャッシュレスにするようにしています。

 

実際に使ってみての感想ですが・・・

「支払いがとってもスムーズ!!」

キャッシュレス決済を利用していない頃は、レジで会計するときに金額を提示されてからお札や小銭を出して、おつりをもらって・・・という流れでしたが、キャッシュレスにしてからはカードを出すだけで終わるのでとっても早い!お財布も小銭がじゃらじゃらしない!という感じでとっても快適にお買い物が出来ています。ポイント還元もあるうえに、そのカード会社のポイントもさらにつきますので2倍お得です。

 

ポイント還元は2020年6月末までの期間限定です。もし、まだキャッシュレスにしていない方はこの機会にやってみませんか?

2020年2月26日

このページの先頭へ戻る