インストラクターブログ

program

WEBプログラミング講座講師に色々聞いてきました Part 2

こんにちは、エディスパソコン学院のインストラクター児玉です。
前回に引き続き、6月26日より開講する「WEBプログラミング(PHP)講座」の講師をして下さる野田先生にお話しをうかがっていきます。
 
【WEBプログラミング講座講師に色々聞いてきました Part 1】はこちら
 

Q.HTML・PHPについて詳しく教えて!

Q.プログラミング初心者でも大丈夫?

Q.では、PHPを学ぶメリットは?

Q.野田先生の普段のお仕事内容は?

 

3
 

Q.HTML・PHPについて詳しく教えてください。

 

HTMLはホームページを作成するための言語、PHPはホームページ上で動くシステムを構築することに特化された言語です。

WEBサーバーにアップロードすることで動作します。

 

基本的にこの2つの言語はセットで使っていきます。

 

ケーキで例えると、「HTMLがスポンジ」「PHPがトッピング」です。

トッピングがイチゴと生クリームだとショートケーキになりますし、チョコだとチョコケーキになりますよね。

トッピング次第でどんなケーキにも出来ます。

 

HTMLとPHPの関係もこれと同じで、まずHTMLでホームページの基礎部分を作って、PHPで作ったプログラムの内容次第でショッピングサイトにもブログサイトにも成りえます。

 

スポンジだけなら、ぎりぎりケーキと呼べますけど、トッピングだけではそれはケーキではないですよね。

 

現在のWEB情勢をそのままケーキの例えを使って言い表すと、

少し前まではスポンジケーキだけでお客様は満足していたのですが、最近のお客様は目や舌が肥えたため、キレイにトッピングされたケーキじゃないと満足しません。さらに見た目だけではなくスポンジ自体の味も良くないといけません。

 

ですので、この講座では完璧なケーキ職人になるために、スポンジ作りからしっかり勉強していきます。

 

例え話ですからね。実際のケーキは作りません(笑)

 

 

Q.プログラミング初心者でも大丈夫?

 

大丈夫です。

 

HTMLとPHPは作成したプログラムの反映が他言語と比べると容易で、モチベーションが上がりやすく非常に初心者向けと言えます。

 

2言語覚えないといけないので難しく感じるかもしれませんが、実はHTMLの方はプログラム言語とは少し定義が違います。

 

「プログラム言語」というものは基本的には「式」で定義されており、「計算」、「代入」で成り立っています。

 

HTMLはそういうものが一切無く、コードに書き込んだものがそのまま画面に反映されます。

極端なことを言えば、「WEBプログラミング講座」とテキストで打ち込んだファイルを作って、サーバーにアップロードするだけで、その言葉がWEB上で表示されます。ホームページ完成です。

 

プログラムに憧れてこの世界に入った人は誰でも最初はこのHTMLから始めたのではないかというぐらいの登竜門だと思います。

 

 

Q.では、PHPを学ぶメリットはあるんですか?

 

先ほどのケーキの話でもあったように、現在のユーザーは完成度の高いものを求めています。

いわゆるHTMLだけのページは「静的ページ」、PHPなどのプログラムが組み込んであるページは「動的ページ」と呼ぶのですが、世の中の需要はほとんど動的ページになっています。

 

なのでもしWEBの世界に踏み込むのならば、PHPを利用する能力は必須になってきます。

 

また、1つ言語をマスターすることで、他のC言語やJava言語などの習得難易度がグンと下がります。

 

確かに、C言語やJava言語は難易度が高めと良く聞きます。プログラムを学ぶにあたって大事なことは何ですか?

 

「プログラミング言語講座」という響きだけではプログラムの命令文をひたすら暗記で覚えていくような印象を受けるかもしれません。

もちろんそういう面もあるにはあるのですが、実はプログラムで一番重要なのは「論理的に考えることが出来る力を身に付けられるかどうか」です。

 

「プログラム」というものは物事を実現するための理論の塊です。理論で組み立てて理論で動かします。

つまりその理論さえ理解しておけば、言語で書き方は変わっても、目的を成し遂げるための考え方は同じなのです。

 

そのため、PHPで覚えた理論・考え方は他の言語でも流用できるものですので、多言語を使いこなすスーパープログラマーも夢ではないです。

色んな言語を使える分、出来る仕事の幅が広がるので大変重用されます。

 

デキる人材になれるんですね!

 

あと、メチャクチャ頭使うので、脳の老化防止に役立つと思います。(笑)

 

4 
 

Q.野田先生の普段のお仕事内容は?

 

お客様に満足して頂ける最高のケーキ・・・ではなくホームページを作る仕事をしています。

主に中小企業様のWEB戦略を成功させるためのお手伝いをしております。

 

WEBディレクターというのですが、どのような仕事かは先日うちの安藤ディレクターが熱く語っていたのでそちらを見て頂ければと思います。

 

現役女性Webディレクターに色々質問してみました
https://www.e-eds.jp/blog/web/3653/

 

私はプログラミングが得意なので、クライアント様の業務効率を上げるためどのようなシステムを導入すればいいかなどを考えご提案させて頂き、時には自分でプログラムを作ったりとWEBプラグラマー的なことも兼任しています。

 

得意分野があると、普段のお仕事にも役立っていいですね!

 

「ホームページが作れる=プログラミング」と勘違いされやすいのですが、一般的なホームページを構築する人はWEBコーダーと言いまして、WEBプログラマーではないんですよね。

 

そうなんですか?WEB系のお仕事は一緒のイメージでした。

 

結構別ジャンルだったりします。

そういう話も講座の中でしていければと思っております。

 

それでは最後に講座への意気込みをお願いします!

 

プログラムを組めるようになると「楽しい」です。苦労して作ったプログラムが実際動いた時は本当に感動します。

 

理屈さえ通っていれば、自分の脳内で描いたことをそのまま画面上で動かせます。理論上不可能なことはありません、ワクワクしませんか?

 

皆様にもプログラミングが「楽しい!」という気持ちを理解して頂ける講座にしていきたいと思っております。全力で頑張ります!

 

野田先生、今日はありがとうございました。

 

プログラミングを学んでみたいけど難しそう…というイメージをお持ちだった方も、今回のインタビューで興味を持って頂けたのではないでしょうか。是非この機会にチャレンジしてみませんか?現在、WEBプログラミング(PHP)講座の受講生を募集しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

2018年6月11日

このページの先頭へ戻る