インストラクターブログ

license

Webクリエイターになりたい方必見!PHPの講座がスタートします!

画像1

・そもそもPHPってなんだろう?

・HTMLやCSSとの違い

・PHPの特徴、PHPで作れるもの

・PHP講座がスタートします!

 

 

そもそもPHPってなんだろう?

PHPとは『Personal Home Page Tools(パーソナルホームページツール)』を起源とした言葉で、『PHP: Hypertext Preprocessor(ピーエイチピー:ハイパーテキストプリプロセッサー)』が正式名称で、動的なWebページを作成するのに使用されるプログラミング言語です。
クラインアント(Webページを見ている人)のリクエストに応えてサーバー側が動的に動くようなしくみを作成できるので、ブログなら新しく更新された記事を常に上に表示すること、ショッピングサイトであれば購入履歴を表示することなどができます。facebookなどのSNSやYahoo!のページなどはPHPで作られています。

 

 

HTMLやCSS、JavaScriptとの違い

プログラム言語は様々な種類がありますが、Webページの作成で良く耳にするHTML、CSSとの違いをそれぞれができることをあげながら説明します。
 
・HTML(Hyper Text Markup Language)で出来ることは、Webページにどんな内容の文章を載せるのか、どこが見出しでどこが本文なのかを示すことです。

・CSS(Cascading Style Sheets)で出来ることは、HTMLで決めた見出しや本文、挿入した画像などをどんな見た目で表示するのかを示すことです。

HTMLは内容、CSSは見た目について記述するための言語であるのに対して、PHPはサーバーに保存されているデータがWebページを見ている人の動作にあわせて表示されるしくみをつくる言語になります。

・JavaScript(ジャバスクリプト)も動的なWebページを作成することができるのですが、こちらはサーバーではなくWebページを見ているそのパソコンやスマホの中で処理される動きについて記述することができるプログラミング言語です。
例えば画面上で何枚もの写真をスライド表示したり、会員登録の画面で必要なデータが正しく入力されていない事を表すマークを表示したりするなどリアルタイムで画面の表示が変わる動きなどを設定することができます。
 
PHPはWebページの情報があるサーバー上での動きを、JavaScriptはWebページを表示している画面上での動きを設定できるという違いです。
画像2
 

PHPの特徴、PHPで作れるもの

PHPは構造がシンプルなので初心者でも始めやすすく、基本をしっかり押さえればすぐにみにつけることができます。
また、Webページ制作やWebアプリ制作などいろいろなところで使われている言語なので、仕事が豊富にあります
 

PHPで作れるものの例

○お問い合わせフォームの作成
○予約システムの作成
○ECサイト構築
○検索機能の作成
○ログイン機能
○ブログを簡単に作る
○SNS

画像3
 

PHP講座がスタートします!

これまで、PHPについてご説明してまいりましたが、初心者向けとはいえ完全に独学で勉強するとなると、やる気が続くか心配、どうしてもわからないことができてしまった…という時に行き詰ってしまいます。

そこで、エディスパソコン学院では6/26(火)より、PHPの講習を含むWebプログラミングコースをスタート致します。こちらの講座では現役のWebプログラマーが直接指導を行い、Web開発・運営の技術を身につけることができ、HTML・CSS・PHPを習得することができます。
Web系の会社に就職を考えていらっしゃる方や、ネットショップを自分で運営したい方など、Webにかかわるお仕事をされている方などにおすすめのコースとなっております。

Webプログラミングコースについて詳しくはお近くのエディスパソコン教室へお越しください♪

2018年4月24日

このページの先頭へ戻る