インストラクターブログ

お知らせ

ファイル転送サービス

ファイルが送れなくてお困りの方

思いでとして撮った大量の写真を送ろうと思ったら、容量が3MGを超えていたり、動画ファイルを送ろうと思ったら5MGを超えていたり、そんなことはありませんか?社内のメールソフトは、送信ファイルの容量制限がかかっていたり、一人あたりのメール保存容量に制限がかかっていたりするケースが多いでしょう。ファイル転送サービスを使えば、大容量データもクライアントに気兼ねせず送ることができますし、自身のメールサーバーがいっぱいになることもありません。また、圧縮をかける手間が省けて時短&仕事効率化が期待できます。ただし、便利なサービスである一方で、情報漏洩といったセキュリティ面での一抹の不安が拭えない方も、少なくないと思います。

 ファイルを受け取る時の3つの注意点

セキュリティを意識している人でも、意外と抜けているのがデータを受け取る時のセキュリティです。会社のセキュリティシステムがしっかりしていても油断してはいけません。

具体的には、以下の3つに注意しましょう。

①送信者のメールアドレス

②件名とファイル内容の整合性

③ファイルの拡張子

メールが送信されてきたら、まずは送信者のメールアドレスをチェックします。最近では、フィッシングをはじめとした悪意あるメッセージの手口も巧妙化していますので、しっかりと自身の関係先から送信されてきたものであることを確認した上で、ファイルをダウンロードすることが重要です。

また、しっかりとメールの件名とダウンロードしたファイルの内容の整合性を確認することも重要です。もしかすると、相手方が乗っ取られている可能性もありますので、万が一のケースに備えて、ファイルを展開する際は細心の注意を払いましょう。

さらに、ファイルの拡張子をチェックすることも重要です。ファイルの末尾が「.EXE」「.BAT」「.JS」などとなっているものは、ダブルクリックで勝手にプログラムが実行されてしまう危険性をはらみます。

フィッシングや乗っ取りの被害に遭うと、パソコンの中に保存されている顧客の情報など、いわゆる個人情報が盗まれてしまうケースがありますので、個人でも、しっかり意識して安全にデータを受け取りましょう。

ファイル転送サービス「GigaFile便」

「GigaFile便」では、なんと75GBものファイルの送信が可能です。こちらもパスワード設定が可能ですので、万が一のリスクを回避できます。UIがシンプルであるのと同時に、会員登録が不要で、気軽に使える点も魅力です。

動画を送りたいのに容量が多くて送れないとお困りの方は是非、ギガファイル便を使ってみて下さい。
とても使いやすくて大変便利です。

file-transfer_02.jpg

2017年8月24日

このページの先頭へ戻る