インストラクターブログ

MOS

最短2週間!?夏休みにMOSの資格にトライしよう!

暑い日が続いていますが体調いかがでしょうか?
熱中症にならないよう、体調管理には気をつけましょう!

夏休みもあと少しですが、早急にパソコンの資格を取りたい方へ朗報です。
MOS資格なら、最短2週間でパソコンの資格を取ることができます。
学生の方は、まだまだ夏休み期間を利用してチャレンジできます。
今日はMOS資格について詳しくみていきましょう。

 

MOSとは?

MOSを受験するには?

MOSを学習するには?

MOS資格を活かすには?

 

MOSとは?

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、
エクセルやワードなどマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。
MOSを取得する6つのメリットをご紹介します。

 

メリット1 パソコンスキルを客観的に証明

「Excelが使える、Wordが使える」などといった目に見えないスキルを客観的に証明。
資格はMicrosoft Officeのバージョンごとに取得できます。

 

メリット2 対策学習が実務力に直結

実際のアプリケーションソフトをコンピュータ上で操作する実技試験なので、
資格取得だけではなく、対策学習によってパソコンを使う実務力がつけられます。

 

メリット3 業務や作業効率が向上

さまざまな機能を効果的に使いこなすスキルが身につくため、
職場でのパソコンを使った業務や作業の効率化が図れます。

 

メリット4 就職・転職時の実力アピールに

社会人に必須の資格のため、就職・転職時をはじめ、社内でのパソコンスキルのアピールに効果的です。
また、多数の企業で社員教育として導入されています。

 

メリット5 取得結果をスピーディーに活用

「合否」の結果は、受験後すぐに判定。
取得したその日から履歴書に記載して、就職・転職活動に活かせます。

 

メリット6 世界で通じる国際資格

世界的に行われている資格試験。
世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」により、認定されたスキルは世界で通用します。

MOSを受験するには?

MOSには、『全国一斉試験』と『随時試験』の2つの受験方法があります。
申込方法が異なるだけで、受験料、試験内容、合格認定証はすべて同じです。
また、試験当日に学生の方は、学割制度をご利用いただけます。
受験資格は特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。

エディスパソコン学院は随時試験の認定会場ですので、毎月1回、検定試験を実施しています。
直近では8月28日(日)・9月24日(土)に実施予定となっております。

 

MOSを学習するには?

MOSの学習方法には、対策教材を購入するなどして独自に学習する方法と、学校やパソコンスクールで対策講座を受講して学習する方法の2通りがあります。

エディスパソコン学院ではMOS対策講座をご準備しておりますので、「独学では不安…」という方は是非お越しください。
MOS対策にしぼった授業を個別指導で受講して頂けます。短期間でマスターでき、最短で資格取得できたと皆様に喜ばれています。
エディスでは現在ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスの2019、2016バージョンに対応しています。

MOS資格を活かすには?

やはりMOS資格は仕事に活かせるといえます。業種にもよりますが、仕事の大半がパソコン業務という方も多いようです。
その状況でワードやエクセルが使いこなせなければ、仕事にならず困るのは目に見えていますよね。
また、パソコンで書類を作るということは、「相手にわかりやすく伝える」ことが大切です。
MOSの問題は仕事で書類を作ることを想定している場合が多いので、実践ですぐに役立つ技術が身につきます。

他にも、職場で書類作成に困っている上司や後輩から質問を受けた時に、的確に答えることが出来ればあなたへの信頼度も増すはずです。

是非、一緒に人気資格のMOS取得を目指してみませんか?

2022年8月16日

このページの先頭へ戻る