インストラクターブログ

MOS

大学生に人気の資格 MOS!

MOS受験者 大学生の年齢層が半数前後

1

MOSの累計受験者数は、460万人を超えています。「ビジネスに必須の資格」として、第一線で活躍中の方を中心に幅広い世代から支持されていますが、MOSを運営するオデッセイコミュニケーションズによると、現在大学生の年齢層による受験が半数前後になっているそうです。これまでよりも大学生の受検者が増えているということです。当学院でも、企業側からMOSの資格を取ってきてほしいと言われたと、学びに来られる学生も毎年多くおり、さらに人気が高まっています。

 

人気高まるMOS資格

先日の日経新聞(2021.10.27)でも、大学生の間で人気が高まっている資格の一つとして、MOSが紹介されていました。人気が高まった理由には、新型コロナウイルス下で学内外での活動が制限されてきたうえ、将来への人生設計に不安が高まってきていることが上げられます。コロナの影響で就職できるかが不安という声もよく耳にしますが、そんな中で資格取得の人気が高まっているのがMOSです。

MOSとは?

MOSとは、ワードやエクセルなどのマイクロソフトオフィス製品を活用できることを証明する資格です。ビジネスで必須のワードやエクセルですが、「使えます」「わかります」とよく伺いますが、その使える認識や基準は人それぞれです。その目に見えないスキルを客観的に表すことが出来るのが資格という存在で、MOSもその一つです。また、MOS試験は世界各国で実施されており、世界で通じる国際資格でもあります。発行される「合格認定証」や「デジタル認定証」は世界で適用します。

 

MOSは就活に有利か?

 

3

先ほども述べた通り、MOS資格はワードやエクセルなどのスキルを客観的に証明してくれます。ビジネスで必要なワードやエクセルは、企業では必須です。資格を取得できていれば、企業側も基本的なスキルは教える必要がないと判断できるため、実務能力の一つとして評価されます。

また、資格取得にかける学習には、相応の時間が必要です。学びの中でこれまで知らなかった機能や、その機能の性質も詳しく学ぶこができます。そういった過程で培われるスキルは、やはり資格のない方の力量とは全く違います。

実務では、効率の良さを求められたり、頼まれた仕事にかけられる時間も自分のペースで・・・というわけにはいかないことも多いです。お願いされたことをサクッと仕上げられれば「あの人に頼めばすぐにできる」と評価は高くなり、積み重なれば信頼も獲得でき、新たな仕事に携われるようなキャリアアップの近道にもなります。

 

最後に

 

22348054_m

MOSはあらゆる業種・職種で活用できるため、就職活動前や内定後の大学生が当学院でも資格取得を目指し学びに来られます。

MOS資格は、学生のみ受験料に割引制度があります。こういった制度もぜひ利用して頂きたいです。

即戦力を求められるのは、どこにいっても一緒です。長い社会人生活。学生のうちに身に付けられるものはマスターしておきたいですね。

2021年11月4日

このページの先頭へ戻る