インストラクターブログ

MOS

MOSってなんだろう?~マイクロソフトオフィススペシャリスト~

皆さんはマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をご存知でしょうか?
○「パソコンは使えるけどそれを証明するものが無い・・・。」
○「もっと仕事の作業効率を上げたい・・・。」
○「短期間で資格を取りたい!」
とお考えの方はマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験がお勧めです!
 

6a37bf2e54024810ccd11249ab1dd4f4_s

 

MOSとは

MOSとは「icrosoft ffice pecialist」の略称です。
マイクロソフトオフィス製品であるワードやエクセルなどの使用スキルを証明する資格となっています。

MOSの特徴

MOSは自分がどれだけワードやエクセルを扱えるのかという目に見えないスキルを客観的に証明することが出来ます。
履歴書に記入したりすることで就職や転職に有利になる事があります。

また、MOSの試験勉強は実際に自分がワードやエクセルを活用する際の業務に結びつけることが出来ます。
試験勉強をする事で、ワードやエクセルの機能についてたくさんの知識を身につけることが出来ますので、
同時に仕事の作業効率も上がっていきます。

さらにMOSは世界で通じる国際資格です。試験に合格すると世界共通の合格認定証やデジタル認定証が
発行されますので、取得できた資格は日本以外でも通用します。それだけ認められている資格であると言えます。
MOS以外の有名な国際資格にはトーイック(TOEIC)などがあります。※TOEICは英語のコミュニケーション能力を
測るテストです。

そして、試験の結果がすぐにわかることもMOSの特徴の一つです。受験後すぐに合否が分かりますので、
取得したその日から履歴書に記載することが可能です。

 

MOSのメリットをまとめると以下の通りです。

★パソコンスキルを客観的に証明してくれる!

★受験勉強が実際の仕事に繋がる!

★作業効率があがる!

★就職・転職時に実力のアピールが出来る!

★試験結果がすぐにわかる!

★国際的に通用する資格である!

 

2e839136d5bd5d0c290ded065a9dd796_s

 

試験科目・試験内容

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験科目は大まかに分類すると、文書作成ができるワード、表計算が出来る
エクセル、プレゼンテーションが作成できるパワーポイント、データベースの管理ができるアクセス、電子メールや
報管理ができるアウトルックの5科目あります。使用するワードやエクセルなどのバージョンや難易度によってさらに
分類されています。

マイクロソフトオフィスの製品はバージョンごとに新しい機能が追加されるため、バージョンごとに異なる試験が用意
されています。現在は2010、2013、2016のバージョンが用意されています。(2017年10月現在)

試験を受けるには?

受験の申込、受験者IDの登録が必要になります。
エディスパソコン学院で受験して頂くことが可能ですので、是非お近くの教室にお問い合わせください。
MOS公式→「受験するには

また、受験に向けて試験合格に向けて勉強して頂けるコースもご用意いたしております。
詳しくは→「MOS対策講座
短期での資格を取得したい方、ゆっくり時間をかけて勉強されたいかたなどおひとりおひとりに合わせた受講内容を
ご案内させていただきます!

エディスについてもっと知りたい方はこちら→「無料体験、資料請求

2017年10月10日

このページの先頭へ戻る