インストラクターブログ

Excel

働く女性を応援します!女性限定ビジネスエクセルコースとは?

1枚目
 
さて、ワード(Word)とエクセル(Excel)、あなたはどんな風に使っていますか?「ワードはできるけど、エクセルは苦手…」という方が多いですが、実は仕事をするうえでエクセルはかなり重要なスキルとなっています。そこで今回は、ワードとエクセルの違いや、エクセルの攻略法、お得な女性限定講座についてご紹介いたします。

 

1.ワードとエクセルの違いとは?

2.事務で必須のエクセル攻略法!

3.働く女性に朗報!女性限定ビジネスエクセル講座!

 

2枚目
 

1.ワードとエクセルの違いとは?

ワードの特徴は見たままの文書を作れるということです。

ワードは文書作成ソフトのひとつで、文字入力だけでなく、イラストや写真の追加など様々な機能が付属しているため、幅広く活用することができます。また、最低限入力さえできればなんとか形にはなるので、初心者の方はワードから勉強される方がほとんどです。

 

エクセルの特徴はデータの「入力・計算・加工」ができるということです。

エクセルはご存じのように、表計算ソフトとなりますので、数字が関係する書類のほとんどがエクセル製の書類になります。計算が含まれる文書を作成するときに活用することが理想です。そのため、下記のような文章を作成することができます。

 

・売上管理

・見積書作成、伝票作成

・データ分析

・家計簿

・スコア計算

・見積書や請求書などのフォーマットを作る

・細かい業務を自動化することができる

 

あらかじめ決められたフォーマットに入力する場合もありますが、ワードではなくエクセルで管理シートなどを作成することも多いため、エクセルのスキルは事務職に必須といえるでしょう。ワードと違い、文字を打つことができれば形になるというわけではないため、より高度な知識やスキルが必要となります。

 

・表やグラフの作成

・四則演算

・マクロの作成

・関数の作成

 

など、エクセルならではの機能を使いこなすことができれば、さまざまな場面で業務を効率化できます。そのため事務職では、「ワードが使える」よりも「エクセルが使える」方が強みとなります。

 

3枚目
 

2.事務で必須のエクセル攻略法!

エクセル攻略の第一歩は、数値や、文字の入力から始まります。

ただ入力するだけなら誰でもできますが、仕事を迅速に進めるためには効率よく入力しなければなりません。そのためには、連続入力や、オートフィル機能、オートコンプリート機能など、様々なテクニックを身に付けると効率よく入力でき、何倍も早く仕事が進みます。

そこができるようになりますと、次に罫線や色を付ける作業をするようになり、更にその先には、関数を使った集計などの仕事が続きます。

 

では、これらをどう学べばよいのか?

本屋さんでエクセルのテキストを購入し、自宅学習される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはやはりパソコン教室に通いプロから学ぶのが近道といえます。せっかくテキストを購入しても、わからない問題に直面した時、自力では限界があります。手っ取り早くプロの力を借りて勉強する方が、早く確実にエクセルを攻略する方法と言えます。

 

4枚目
 

3.働く女性に朗報!女性限定ビジネスエクセルコース!

身に付けておけば絶対に有利になるのがエクセルのスキルです。

「少し経験がある」という方が、関数を追加で覚えただけで仕事の幅が広がった、仕事が短時間で終わるようになった、という例もあります。

エディスパソコン学院では、働く女性を応援するため、女性限定ビジネスエクセルコースという講座を設けております。通常の料金97,500円から1万円引きの87,500円(税込)でご用意しております!この機会にぜひ、エディスパソコン学院でエクセルを習得しませんか?

2020年1月8日

このページの先頭へ戻る