インストラクターブログ

Excel

仕事が早い女性はみんな知ってるエクセル活用術

画像1

事務的なお仕事にかかせない表計算ソフトのエクセル!沢山の機能がありますが「私は使いこなせていないなぁ…」「もっと楽に見やすい資料を作成できたら良いなぁ…」とお思いのそこのあなた!今回は簡単に見栄えのいい資料の作成方法やお仕事の効率が良くなる機能をこっそり公開しちゃいます!

 

1.覚えて得する!エクセルで使える技

2.コントロールキーで時短テクニック3つ

3.もっと使いこなしたい!エクセルの機能いろいろ

 

 

1.覚えて得する!エクセルで使える技

エクセルは表の作成が得意なソフトですので、入力した表の見た目を簡単に変えられるようになっています。

データを入力しただけの状態だと途中でどの行を見ていたか変わらなくなってしまうことも少なくありません。そんな時データを入力した行の色を交互に変えるとわかりやすくなります。ですが、一行ずつ色を付けていくとなると大変な作業です。そんな時、入力した表に一括で色を付けられる機能があります。それが『テーブル』という機能です。『テーブル』の機能は他にも表の一番下に集計を表示したり、データの並び替えや抽出したりする機能をすぐに使用できる状態になるという利点があります。

○交互に色を付ける

画像2

↑元のデータ

画像3

↑色を付けたデータ

○集計行を表示

画像4

集計行では合計の他に平均やデータの個数、最大最小などを求めることが可能です。

 

 

2.コントロールキーで時短テクニック3つ

 

エクセル以外のソフトでも使用できる『Ctrlキー』はいろいろなアルファベットのキーと同時に押すことで様々な機能を使用することができます。キーボードの左下と右下に配置されています。

 

○表のデータを一番下までまとめて選択する

『コントロールキー』と『シフトキー』を押したまま『下矢印キー』を1度押すと入力されている一番下のデータまで選択することができます。

 

○データを保存する

データの入力を進めている最中にパソコンの電源トラブルなどが起きた場合に備えてこまめなデータの保存が推奨されますが、いちいち保存の作業をするとなると大変です。『コントロールキー』と一緒に『S』

のキーを押すと上書き保存が一瞬のうちにできてしまいます。

 

○複数のセルを選択する

『コントロールキー』を押しながらセルをクリックすれば、指定したセルのみ選択することが出来ます。

この機能を使用すれば同じデータを入力したセルが複数あった時に便利です。また、グラフの作成をする際にも必要なデータのみを選択することが可能です。

 

 

3.もっと使いこなしたい!エクセルの機能いろいろ

エクセルにはまだまだいろいろな機能があります。沢山の機能を知っていれば自分の思い通りに作業を進めることができ、お仕事の効率もアップしていきます!また、『マクロ』機能というエクセルに一連の操作を記録させる上級の機能が使えるようになれば職場でエクセルが苦手な方が困っているときに簡単に作業が出来るように工夫してあげることも可能です♪

ぜひエディスパソコン学院でエクセルの技術を身に付けてください!

 

2018年3月26日

このページの先頭へ戻る