インストラクターブログ

Excel

エクセルって簡単?!~便利機能のご紹介2~

今日は、エクセルの便利機能についてご紹介します。

連続したデータの作成をしたい!

エクセルで、連続したデータの作成をする際に便利なのが、オートフィル機能です。
曜日の連続や連続した日付、番号などいちいち入力すると面倒ですが、
オートフィル機能を使えば効率よく作業することができます。
難しくないので、ぜひ覚えて実践してみてください。

数字の連番を表示したい!

よくエクセルを使っているとありがちなことですが、
意外と一つずつセルに入力している人も多いかもしれませんね。
まず基準になる数字を入力します。
入力したセルを選択します。
選択したセルの右隅に緑の点がありますよね。
こちらをフィルハンドルとよびます。
マウスポインタを合わせると形が変わり「+」のマークになります。

フィルハンドル
表示したい方向にドラッグして引っ張ります。
つづいて、右下に表示されたマークの下向き三角をクリックすると、
メニューが表示されます。
ここでは、連続データをクリックします。

連続データ数字
そうすると、連続した数字が表示されました。

連続データ数字2

日付や曜日の連続したデータ

日付や曜日も簡単に表示させることができます。
まず基準の日付を入力します。
こちらも、表示したい方向にドラッグするだけで連続した日付を表示させることができます。
簡単!

オートフィル日付

つづいて、隣の列に曜日を表示したいと思います。
同様に基準となる曜日を入力しドラッグします。

オートフィル曜日
曜日は一巡するとまた繰り返し表示されます。

その他の連続データ

数値の連続データで「1、2、3・・・」ではなく、
「1、3、5・・・」と表示させたい場合もオートフィル機能が使えます。
数値の連続データは最初の値と次に指定した値によってどのような連続データになるか
決まります。
例えば、「5、10、15、20・・・」のように「5」ずつ増やしたいのであれば
最初の値を「5」と入力し次の値に「10」と入力します。

続いて、2つのセルを選択し、フィルハンドルで表示させたい方向へドラッグします。

連続データ1
そうるうと、「5」ずつ増加する連続データを表示させることができます。

連続データ2

一度使えば簡単ですからすぐに覚えられますよ。
みなさんぜひ、使ってみてくださいね!

 

2017年10月19日

このページの先頭へ戻る