インストラクターブログ

Computer

正しいSNSの活用方法を知っていますか?

利用しているSNSは?と聞かれれば、LINE、Instagram、Facebook、Twitterなどなど、日常でほとんどの方が当たり前のようにSNSを利用されていると思います。そして、これら全てを使っているという人も多いのではないでしょうか?今回は、このSNSに対して、正しく活用できているか、あらためて確認してみてほしいと思います!

 

SNS、何を利用してる?

SNSを利用するメリットとデメリット

SNSで注意したいこと

SNSでのルールをチェック!

 
1
 

SNS、何を利用してる?

“SNS”とは、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)の略で、登録された利用者同士が活用・交流できる会員制のWebサービスです。スマートフォンが身近になり、皆さんも当たり前のように利用されていますよね。

利用しているSNSは?と聞かれれば、LINE、Instagram、Facebook、Twitter、ブログなどなど、日常でほとんどの方が当たり前のようにSNSを利用されていると思います。そして、これら全てを使っているという人も多いのではないでしょうか?今回は、このSNSに対して、正しく活用できているか、あらためて確認してみてほしいと思います!
 

2
 

SNSを利用するメリットとデメリット

SNSを利用するにあたり、それが自分自身に必要な物か取捨選択する必要があると思います。メリットやデメリットを知ったうえで楽しく利用しましょう。

<メリット>

・趣味や興味が同じ人とつながりやすい

・無料で利用できる

・電話やメールを使わずにやり取りできる

・企業などで集客に活用できる

・イベント、仕事等の告知や宣伝ができる

・自己アピール

・情報発信

・口コミを共有できる

・流行をすぐに知ることができる

・災害時の活用

・友人の近況が知れる   ・・・etc

 

個人に限らず、企業が発信するということも当たり前になっています。Instagramから商品がヒットするなど、SNSを味方に付ければ、大きな利益も生み出すことができます。また、私たちもそういった情報を見て気になる物や事柄をチェックし、気に入ったものを選んでいると思います。見ているだけでも楽しいですよね。本当にあげればきりがないほど、楽しく便利な点が多い一方で、ニュースなどで扱われるような深刻な事柄もあります。

 

<デメリット>

・自分の事を特定される危険性がある

・ストレスの原因になる

・他人と比較してしまう

・依存してしまう

・炎上

・一人の時間が増える

・コミュニケーションが希薄になる

・誹謗中傷

・犯罪に巻き込まれる危険性

・アカウントの乗っ取り

・知らなくてもよい情報が目に入る   ・・・etc

 

デメリットとしては、生活への支障やメンタル的なダメージ、発言に対する責任など、気を付けたい側面もあるということを今一度、確認しておきたいですね。

 

SNSで注意したいこと

 

SNSの利用について、2つほど事例を紹介したいと思います。

以下は実際に起こった事例です。

 

事例1 個人情報の特定 ネットストーカー

“Nさん(女性)は、SNSでプロフィールや自分の写真、近況などを投稿し、すべての人に公開していました。Nさんは、自分の投稿を見た人たちから寄せられるコメントやメッセージを毎日楽しみにしていました。

しかし、ある日面識のない男性から「僕とつきあってください」というメッセージが届けられました。最初は適当に返事をしたりしていたのですが、あまりにもしつこくメッセージが送られてくるため、「迷惑ですので、もうメッセージしないでください」という返事をしたときから事態が急変しました。

次の日から、脅迫的な言葉が並べられたメッセージが次々と送られてきたり、Nさんを誹謗中傷する投稿がされたりするようになったのです。さらにしばらくすると、「おまえの住んでいる場所はわかっているんだ」というメッセージも送られてきました。そこに書かれているのは確かにNさんの住所でした。気味が悪くなったNさんは、自分のSNSのアカウントを削除し、引越しを検討することになってしまいました。“

出典:総務省|国民のための情報セキュリティサイト

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/case/06.html

 

上記の事例のように、SNSの設定で公開範囲がすべての人になっていないか、コメントやメッセージを誰からでも受け付ける設定になっていないか、SNSで公開している投稿や写真に位置情報を付加しないなど、SNSを利用する際に気を付けることはたくさんあるかと思います。思わぬところから被害を被る可能性があります。

 

事例2 炎上

京都府向日市のコンビニエンスストアで、アイスクリームの陳列ケースで寝そべっている画像をTwitterに投稿し、店の業務を妨害したとして、警察は京都府内の男子高校生3人を書類送検しました。

高校生は、陳列ケースに寝そべる画像を投稿したことで、本人の学校と本名が特定され、処分されたという例があります。

 

こういった事件は、次から次へと似たような形で繰り返され、一時期ニュースで繰り返し取り上げられていた記憶があります。イタズラがおおごとになってしまい、個人のみならず、食べ物の廃棄、企業への悪いイメージなど、周囲の人たちへ大きな迷惑をかけることになります。SNSの世界でも、通常の生活と変わらぬモラルやルールが問われます。
 
3
 

SNSでのルールをチェック!

事例を踏まえつつ、以下のことを頭に入れておきましょう。

・SNS上の情報は必ずしも正しいものばかりではない

・SNS上でも社会的ルールを守ること

・SNS上にあげた情報は世界中に発信されている

・匿名の発信でも責任を伴う

・不用意な発言は、家族や友人にまで被害を及ぼす可能性がある

 

SNSを利用する際、スマートフォン対自分という形になりがちですが、その向こう側にちゃんと人がいるんだということを忘れないようにしたいですね!

2019年6月19日

このページの先頭へ戻る