インストラクターブログ

プログラミング

今、小学生がプログラミングを勉強する3つの理由

画像1

1.2020年からプログラミング教育必修化

2.論理的思考力、問題解決能力、創造力が身に付く

3.資格取得によって他の子どもよりも優位に立てる

 

 

“プログラミング”と聞くと、パソコンを使って難しいプログラミング言語を打ち込んでいくといったイメージがありますが、小学校のプログラミング教育は“プログラマーの育成が目的ではない”ということです。プログラミング教育の大きな目的は、「論理的思考力」「問題解決能力」「創造力」という3つの力の育成です。

 

1.2020年からプログラミング教育必修化

2020年と言えば、そう、東京オリンピックですが、同じく2020年から小学校でのプログラミング教育が「必修科目」となり、プログラミングの授業が始まります。ただ、「プログラミング」という教科が新しく作られるわけではなく、理科、算数、音楽、図画工作、特別活動など今ある教科の中で、様々な情報に関する課題を探究する中で、自分の暮らしとプログラミングとの関係を考え、プログラミングを体験しながらそのよさに気付く学びを取り入れていく授業が実践されることになるようです。

 

画像2

2.論理的思考力、問題解決力、創造力が身に付く

プログラミングを学ぶ中で習得できる3つの力をご紹介します。(サーティファイ主催ジュニアプログラミング検定より)

Point.1 論理的思考力

プログラミング学習により、順序立てて物事を考える力が身に付きます。子ども達はプログラミングを進める中で、どう指示すればよいかを一つずつ判断しながら原因と結果の関係を発見していきます。その体験の繰り返しが、論理的思考力の育成につながります。

Point.2 問題解決能力

子ども達は「思った通りに動かない!?」とき、トライ&エラーを繰り返します。どこに間違いがあるのか、エラーの原因(=発生している問題)を探し出すことで、根気強く課題に向き合い、問題を解決していく力が身に付きます。

Point.3 創造力

プログラミングを組んでいく過程で、「こうしたらどうだろう?」「こうなったら面白いな!」といったたくさんのアイデアが子ども達の頭に浮かんできます。子ども達が持っている豊かな発想力を養成することができます。
実際エディスで行っているプログラミングの授業でも、子どもたちは「ああでもない、こうでもない」と自分の作ったプログラムを何度も何度も作り変え試行錯誤しながら、最後には私たちが想像しないような面白いプログラムを完成させます。そうして自分で考えながら行う作業というのは記憶にも残ります。物事を順序立てて考えることが出来るようになり、途中うまくいかないことがあってもあきらめずに考え、オリジナルのプログラムを作り上げていきます。プログラミングを通じて得られた達成感は子どもたちの感動体験となり、自信にもつながっていくのです。

画像3

3.資格取得によって他の子どもよりも優位に立てる

このプログラミング教育、「うちの子にはまだ早い」と思っていませんか?その逆です。大人になってからでは遅いのです。プログラムというのは、何をどのように並べてどのような指令を出すかによって方法は無限です。同じ動きのプログラムでも長々とコードを書いて指令も出せれば、たった1行のコードで指令を出すこともできます。要は創造力、発想力です。そういったアイデアは大人の私たちよりも、子ども特有の自由で柔軟な発想力から生まれます。だからこそプログラミング教育を始めるのは断然早い方が良いのです。
そして、せっかく学ぶのであれば資格にチャレンジさせるのも良いですよね。楽しく学びながら、資格という目標設定もしてあげれば、子どもたち自身もどこまで出来るようになったのかを確認することができ、「検定合格」という成功体験を糧に更なる目標への挑戦を後押しすることもできます。資格取得は子どもたちにとって大きな自信となり、今後の人生においてきっと役に立つことでしょう。

2018年1月22日

このページの先頭へ戻る