インストラクターブログ

パソコン知識

IoTを活用したサービスはとっても便利!

IoTって?

そもそもIoTとは主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外のモノを接続することを意味します。読み方はアイオーティーです。

 

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_m
 

テレビやデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤー、HDレコーダー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは既に始まっています。スマホとWifiを通じてテレビと接続するクロームキャストなどもその一つと言えます。また、少し前にアップルウォッチなどが発売され話題になりました。

 

また、デジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報などをインターネットを介して送受信されるシーンがますます増えています。現在ではスマートフォンやタブレットもインターネットに接続され便利に利用されるようになりました。

 

更に世界中に繋がっているインターネットはあらゆるモノがコミュニケーションをするための情報伝送路に進化しています。
IoTとはモノをインターネット経由で通信させることを意味します。そんなIoTを活用した便利なサービスが発表されました。

 

窓の戸締まりをスマホでチェックできる

f7e137e078e6221c57be380c4c0a2600_s
 

IoT窓センサー「leafee mag」が遠く離れた場所からでもチェックできるサービス、「leafee Premium」です。
「leafee Premium」はleafee magのセンサー状態のチェックや開閉時の通知を受け取ることが遠隔でもできるようになるといったサービスです。「leafee Premium」の注目の機能の1つはLINE Bot連携。窓やドアの開閉の検知時にLINEに通知がきたり、LINEのチャットで戸締まりをチェックできます。

 

セキュリティーにつかえる!

複数端末から同時にログインが可能かつ遠隔からleafee magのセンサー情報を確認することが可能なLINEを使った防犯への意識は高まっています。若い世代や一人暮らし世帯、転居の多い家庭にとって最適なホームセキュリティサービスとなるかもしれません。

9aa3e5f8f6a48e3ccc9103d885d9f5eb_m
 

特に若い世代の方々が気軽に使い続けられるよう、「leafee Premium」はLINEに対応し、LINEアプリで利用ができます。LINEアプリ上でleafeeの機能の多くを利用できるようです。主な機能は次のとおりです。

◇センサーが開閉を検知したらLINEに通知

あらかじめセンサーで検知したい場所を指定しておくことが出でき、動きなどに反応して手元のスマートフォンへLINE通知を送ってくれます。

◇センサーの変化の履歴をLINEでチェックできる

窓やドアの開閉の履歴をLINEのチャット画面で確認できる。帰宅の前に確認することで侵入者との鉢合わせを防ぐことにも活用可能。LINEアプリで家の戸締まりを確認Botに話しかけたり、メニューでボタンを押せば戸締まりを確認できます。

◇LINEグループを作れば家族で使える

LINEグループを作り、leafee Botと家族を追加すればアプリをインストールしていない家族もBotに話しかけることで、センサーの状態を確認することができます。

 

8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_m

 

これからどんな便利な未来が待っているのか楽しみですね!
エディスパソコン学院ではスマートフォンの講座も行っております。気になった方は是非、お近くの教室までお問い合わせください♪

 

2017年7月31日

このページの先頭へ戻る