インストラクターブログ

インターネット

遊び心から生まれたGoogleDoodleの世界

検索エンジンのGoogleを使用するとき、日によってGoogleのロゴがかわいらしいイラストになっていたりしますよね。あの正式名称は「GoogleDoodle」(ドゥードゥル=いたずら書き)です。いつもと違うロゴだと、わくわくするのは私だけでしょうか?そんな、Doodleについて今日は掘り下げてみたいと思います。

 

GoogleDoodleとは?

祝日や記念日、有名な画家や先駆者、科学者の生誕などを祝うため、斬新で楽しく、自由な手法でGoogleのロゴマークをアレンジしたものです。

 

Doodleのアイデアの由来は?

Doodleのアイデアは、Googleがまだ法人化されていなかった1998年に、Google創設者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが、ネバダ砂漠で行われるバーニングマンフェスティバルに参加中であることを伝えようと、会社のロゴで遊んでいたときに誕生したそうです。

「Google」の2つ目の「O」の後ろに棒線で描いた人の形を配置し、このアレンジしたロゴを通じて、創設者たちが「外出中」であることをコミカルなメッセージとしてGoogleユーザーに発信したのです。

最初のDoodleは比較的シンプルなものでしたが、有名な行事を祝うために会社のロゴを装飾するというアイデアがこうして生まれました。

バーニングマン

 

最初のうちはよく知られている祝日を祝うことが多かったのですが、最近では著名人の誕生日からアイスクリームサンデーの発明まで、さまざまな行事や記念日が取り上げられています。

 

これまでにどれくらいのDoodleが作られたのか?

世界中のGoogleのホームページ用に2,000を越えるDoodleが作成されています。その国固有の祝日なども作成されます。

 

Doodleはだれがデザインしているのか?

Doodleはすべて、Doodler(Doodleの作成者)と呼ばれるイラストレーターとエンジニアのチームによって作成されています。チームにとってDoodleの作成は、Googleホームページを世界中のGoogleユーザーが笑顔になるような楽しい場所にするための、重要な取り組みとなっています。

 

どの行事のDoodleを作成するかは、だれがどのように決めるのか?

チームが定期的に集まって意見を交換し合い、Doodleで祝う行事を決めています。

Doodleのアイデアは、Google社員やGoogleユーザーなど、さまざまなところから寄せられ、その中からDoodleを作成する対象が選ばれるそうです。

ユーザーからのアイデアも歓迎しているようで、proposals@google.comまでメールを送れば、いつかあなたのアイデアがGoogleDoodleを飾っているかも?!

 

ちなみに今日は「ウィンブルドン選手権140周年」仕様のロゴです。ラケットが打ち合いをするかわいい動画です。

ウィンブルドン140周年

 

過去の作品はこちらで見ることができます。→Doodleアーカイブ

 

自由な発想は、モノを生み出す原動力になりますよね。このDoodleも私たちユーザーの心をつかんで、楽しませてくれています。

2017年7月3日

このページの先頭へ戻る