インストラクターブログ

アプリ

オリジナルLINEスタンプ、スマホで簡単に作れます!LINE Creators Studioアプリ

 

今や連絡手段として無くてはならない存在のLINE。皆さんも使わない日はないのではないでしょうか。

スタンプも無料のものから、有料のものまで一体何種類のスタンプがこの世に存在しているのか…。

ついつい好みのスタンプを見つけては、購入してしまいます(汗)皆さんもそんな経験ございませんか?

今回は、そんなLINEスタンプをスマホで簡単に作れるアプリ「LINE Creators Studio」をご紹介いたします。

2017/06/12にリリースされたこのアプリ。すでに話題になっているみたいです。

 

LINE Creators Studioアプリとは?

POINT 1

スマートフォンからLINEスタンプが簡単につくれる。

スキャナや画像編集ソフトは不要。無料でスタンプがつくれる。

 

POINT 2

撮った写真を加工してスタンプに。

Creators Studioアプリで描いたイラストも簡単にスタンプにできる。

写真を切り取るのだって簡単。

テキストやイラストで伝えたいメッセージをつけよう。

フィルター機能で、描いたイラストや写真を好みのテイストに変えられる。

 

POINT 3

スタンプの審査申請や販売もスマートフォンから対応できる。

つくったスタンプを友だちとシェアしたり、LINE STOREやLINEアプリ内のスタンプショップで販売したりしよう。

 

 

利用の流れ

LINE Creators Studioアプリをダウンロード

アプリを立ち上げ、スタンプを制作

LINEアカウントにログイン後、スタンプの審査を申請

審査完了後、販売

 

 

スタンプの制作

 

1アプリダウンロード

アプリをダウンロード

Android・iOSともにリリースがあります。

 

2タイトルを入力

タイトルを入力

スタンプのタイトル名を入力します。

 

3三つの方法から選択

3つの方法から選択

キャンバス、カメラロール、またはカメラを選択します。

 

4写真を選択

写真を選択

カメラロールから写真を選択します。

 

5トリミング

トリミングする

スタンプとして切り抜きたい部分を指でなぞってください。囲み終わると範囲の微調整ができます。画像は拡大・縮小・回転が可能です。

 

6背景を削除

背景を削除

自動的に背景が削除され、スタンプになる部分が残ります。

 

7編集

編集

テキストを追加したり、フィルターを設定したりできます。

 

8キャンバスを選択

キャンバスを選択

ブラシとテキスト入力ができます。

 

9イラストを描く

イラストを描く

イラストの内側は必ずぬりつぶしてください。※審査に影響がでるそうです。

 

10スタンプの完成

スタンプの完成

最低8個以上を制作して「販売」をタップします。

 

情報の入力

 

基本情報入力

基本情報を入力します。

販売個数を選択

8、16、24、32、40個のいずれかで販売できます。

メイン画像を選択

LINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップで表示される画像を選択します。

販売情報を入力

スタンプに必要な情報を入力します。

 

審査から販売まで

 

審査申請

プレビュー画面で確認。審査の申請を行います。

審査待ち

審査完了後、LINE Creators Marketの公式LINEアカウントからメッセージとメールで通知がきます。

販売開始

ステータスが「承認」になるとLINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップで販売することができます。

 

終えてみて

こだわり出したら時間も忘れ、止まらなくなりそうでした。

トリミングやイラスト描画はスマホの画面上に指で作業していくので、慣れるまでは大変です。

図形ツールなどあればもっと簡単にきれいなイラストも描けそうだなと感じました。

現在、9/1(金)~9/30(土)の間「わんにゃんLINEスタンプコンテスト」が実施中のようで、

入賞すれば豪華賞品がもらえるそうです。

自慢のわんちゃん、ねこちゃんを飼っている方は、チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

 

LINE Creators Studio公式サイト

2017年9月4日

このページの先頭へ戻る